emu雑記

C#erな人が書いているブログです。最近、javaを始めました。なんかいろいろやってます。

Androidアプリを実機デバッグ

前回の記事から随分と期間があいてしまいました。
bootstrapとASP.NET MVCのRazor構文を勉強+ハマリでずっと苦しんでいました…。

結論としては、やっぱりWebデザインという美的センスは私には「ゼロ」だということでした。


さて、そんなことはさておき。

新年一発目の記事はAndroidアプリを実機デバッグするときの設定についてです。
これも、なかなかにハマりました…。

今回の記事で使用する環境は以下の通り

Android端末:softbank 203SH(Android バージョン 4.1.2)
Android開発環境:Eclipse
Windows端末:Windows 8.1

それでは、順を追って説明していきます。

Android端末の設定

まず、「提供元不明のアプリ」のインストールを許可します。
設定 > その他の設定 > ロックとセキュリティ > 提供元不明のアプリ
にチェックを付けます。

・その他の設定
f:id:emu717171:20140104034624p:plain

・ロックとセキュリティ
f:id:emu717171:20140104034629p:plain

・提供元不明のアプリ
f:id:emu717171:20140104034634p:plain

次に、「USBデバッグ」を許可します。
設定 > 開発者向けオプション > USBデバッグ
にチェックを付けます。

・開発者向けオプション
f:id:emu717171:20140104034640p:plain

・USBデバッグ
f:id:emu717171:20140104034647p:plain

Windows側の設定

次にWindows側の設定を行います。

1.Android端末とPCをUSBで接続します。

デバイスマネージャーを開くと、「?」マークの付いた「Android ADB Interface」が表示されていると思います。
f:id:emu717171:20140104025956j:plain

2.ドライバーを取得します。

ドライバーはAndroid SDK マネージャーから取得してきます。
f:id:emu717171:20140104030424j:plain

取得されたドライバーは以下のフォルダに格納されています。
SDK > extras > google > usb_driver

3.デバイスIDを調べます

ドライバーファイルをメンテナンスするために必要な情報を、先に調べます。

デバイスマネージャーから、「Android ADB Interface」をダブルクリックして、【詳細】タブに移動します。

プロパティを【ハードウェア ID】に変更します。
そうすると、値に2行表示されますが、この
「USB\VID_○○○○&PID_■■■■」と表示されている○○○○と■■■■をメモします。
f:id:emu717171:20140104031506j:plain

4.取得できたドライバーファイルをメンテナンスします。

ダウンロードしてきたドライバー「android_winusb.inf」を開きます。
[Google.NTx86]セクションと[Google.NTamd64]セクションに以下の2行を追加します。

[Google.NTx86]
;203SH
%SingleAdbInterface%        = USB_Install, USB\VID_○○○○&PID_■■■■
%CompositeAdbInterface%     = USB_Install, USB\VID_○○○○&PID_■■■■&MI_01 

・
・・
・・・

[Google.NTamd64]
;203SH
%SingleAdbInterface%        = USB_Install, USB\VID_○○○○&PID_■■■■
%CompositeAdbInterface%     = USB_Install, USB\VID_○○○○&PID_■■■■&MI_01 

これで、ドライバーファイルのメンテナンスは終了です。

ところが、Windows 8/Windows 8.1では、【ドライバーの更新】からこのフォルダを指定しても、正常にインストールされません。
f:id:emu717171:20140104030629j:plain

Windows 8から署名なしのドライバーはインストールできなくなっているからです。

そのため、強制的にインストールさせるため、以下の設定が必要となります。

1.Shiftキーを押しながら、マシンの再起動を行う

f:id:emu717171:20140104033614j:plain

2.オプションの選択で【トラブルシューティング】をクリックする

f:id:emu717171:20140104033627j:plain

3.【スタートアップ設定】をクリックする。

f:id:emu717171:20140104033657j:plain

4.【再起動】をクリックする

f:id:emu717171:20140104033730j:plain

5.再起動後に出てくる設定画面で、数字の7キーを押下する

f:id:emu717171:20140104033741j:plain

これで、再起動されてきた状態では、署名なしのドライバーがインストールできます。
f:id:emu717171:20140104033836j:plain
f:id:emu717171:20140104033853j:plain
f:id:emu717171:20140104033908j:plain


この状態までいくと、EclipseのDDMSにも端末が認識されますので、無事に実機端末が開始できるかと思います。
f:id:emu717171:20140104034046j:plain