emu雑記

C#erな人が書いているブログです。最近、javaを始めました。なんかいろいろやってます。

Objective-Cを開始しました。

先週くらいからObjective-Cを始めてます。

1万回くらい頭の中で「C#って本当によくできた言語だな」ってつぶやいてます。

まだ参考書の1/3くらいを終わらせただけなんですが、ソースの中が「アットマーク」だらけです。

なんでこんなに「アットマーク」が好きなんだろう。
途中で「これ、みづらくない?」って思わなかったのかな?

とかぼやきながら、頑張ってみています。

さて。
そんなmac生活も始めたばかりで、ネタがないです。

とりあえず例によって、設定周りから。

根っからのwindowsユーザーの私が、macXcodeを使い始めるにあたって、最初に行ったのはキー設定です。

コピー&貼付けの際に、cmd+C(Windowsでいうところの窓ボタン)というショートカットが押し辛すぎる。
Ctrl+Cでしょ!ってことで、使用したのが「KeyRemap4MacBook」です。

わたしの設定はこんな感じ。
1.Cmd(窓ボタン)とCtrlを入れ替えてます。
2.日本語きりかえをE/Jキーで可能に。
3.option(Alt)+Tabでアプリケーションきりかえ
4.Home・End・PageUp・PageDownを使用可能
5.5ボタンマウスを有効に。
f:id:emu717171:20140120002439p:plain

5ボタンマウスを有効にするには、private.xmlに以下を追加します。
KeyRemap4MacBookのpreference > Misk&Uninstallタブ > open private.xmlから、

<?xml version="1.0"?>
<root>
    <list>
        <item>
            <name>MouseButton 4 and 5</name>
            <identifier>remap.mouse_button4_5</identifier>
            <autogen>
                --PointingButtonToKey-- PointingButton::BUTTON4,
                KeyCode::JIS_BRACKET_LEFT, ModifierFlag::COMMAND_L
            </autogen>
            <autogen>
                --PointingButtonToKey-- PointingButton::BUTTON5,
                KeyCode::JIS_BRACKET_RIGHT, ModifierFlag::COMMAND_L
            </autogen>
        </item>
    </list>
</root>

追記した後に、KeyRemap4MacBookのpreferenceでReload XMLボタンをクリックすれば「Mouse Button 4 and 5」が使用可能になります。